職人-その2-

b0176405_18214138.jpg


何にも考えなくも出来るいいもの見つけた!

昔やってた切り絵。
前は、あの有名な「モチモチの木」の切り絵でもおなじみの
滝平二郎氏のを真似てよく切り抜いてた。
切り抜きまくってた。

そして、先日「ソロモン流」に出ててた蒼山日菜さんの切り絵。
彼女ははさみでレースのような繊細な切り絵を作ってた。
それを見て、再度火が付いた!ものすごい衝撃だった。

またやりたい。今度はオリジナルなデザインで。
2.5センチ四方の切り絵。私はデザインナイフで。

約2時間の作業。何にも考えずだたひたすら切り抜く。
細い線も丁寧に。楽しい♪楽しすぎるんだな~♪
まさに職人になった気分でできる。

これを、刺繍でも。
切り絵のような刺繍...頭の中ぐるぐる...
楽しみすぎる♪


*よかった。だんだんと暗いトンネルから抜け出せてきてる。
やりたいことを集中できるようになってきてる。
もう大丈夫かな。
[PR]
by picot-m | 2011-07-03 18:36 | おまけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://picotm.exblog.jp/tb/15877797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaz at 2011-07-06 22:57 x
picotさん、こんにちは^^
切り絵、とてもきれいな、繊細な、素敵なデザイン。
見る人の心を穏やかにしてくれる慈悲深いお顔です。
そんな、人の心を温めてくれるpicotさん、
トンネルの道は長いかも、短いかもしれませんが、
山あれば谷あり…私はpicotさんの試練のトンネルの先に
温かな光の道が待っていることを確信します。
どうか、おひとりで抱え込まれませんように。
Commented by picot-m at 2011-07-08 18:37
*kazさん
こんにちは♪
こんな風に言っていただけるの本当にうれしいです。
当の本人の心はかなり荒んでいるというのに...(笑)
でも、やっぱり切り絵好きなんだなぁ~ってつくづく思いました。
何もかも忘れて作ることが出来るんですから。
切り絵が救ってくれるような気がしています。
<< スープで3キロ減 小っさいくつ >>