お教室用の準備

ワークショップにとずっと思案を重ねていた
「好きな色で織ってオリジナルクルミボタンをつくろう♪」(仮タイトル)というものを実際に形にしてみました。
b0176405_1763526.jpg

早く言えば織り体験です。
織り機をどのような形にしようか沢山考えました。
材料はいたってシンプルにしたかったので板にピンを打っただけの織り機に縦糸を張って横糸をくぐらせたらクルミボタンにセットアップ!というカンタンなもの。
できるだけみんなに織りというものを気軽に体験して欲しかったので、
本当はもっとちゃんとしなくちゃいけないんだろうけどあえてこういう形にしました。
b0176405_177632.jpg


ほらできたよ♪
b0176405_1772061.jpg

やってみるもんだ。

これなら、小学生でもみんなできそうだよね。

考えてるのは髪ゴム、そのままでボタン、そしてイチオシのピンバッチ♪
このいずれかの形にしていただこうかと。
2時間もあれば出来上がる作品です。

縦横の糸を細めにしてるので少し根気が必要ですが何か一つに集中できるって
楽しいし、出来上がったときは言い表せられないくらいの感動が待っています。
b0176405_17193845.jpg

楽しんで作ってもらえたらうれしいな。

ピン打ちもきれいに打たないと見た目も美しくないのでそこがネックになりそうだけど
がんばります!(これは私が準備しますのでご心配なく)
b0176405_177391.jpg

イトノツナガリたくさんつながればいいな♪

もう少し、細かいところを詰めて早めに実現させますよ~






*遊びに来てくださってありがとうございます
ポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by picot-m | 2012-07-06 17:29 | 織物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://picotm.exblog.jp/tb/18551554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaz at 2012-07-08 11:08 x
こんにちは♪
織り体験をさせて頂きさらにはくるみボタンも出来上がるなんて☆
これはこれは素敵な企画ですね…!
小学生でもできる単純な作業なの~私にもできるかな~^^;
出来上がったらこんなにプロの仕上がり。
いとのつながり。素敵に繋がっていくと思います^^
応援しています☆
Commented by くりりん☆ at 2012-07-08 20:57 x
ご自分でこんなにピンを打たれたのですねぇ?!すごいです!!

実は私かつて「織物」に憧れて…
プラスチック?でできたおもちゃの「織り機」を購入し、
やってみたことあるんですよ~(^^;
糸を大きな櫛みたいので上から「ぎゅっぎゅっ」ってしすぎてもアカンし
端っこの糸のぴろぴろした所が逆にゆるかったりで
加減が難しかったですぅ(^^;A

しかも何とか織れたには織れたのですが
大きさがハンパで…コースターには大きいし…で(笑)
くるみボタンにできたらすっごく嬉しいかも♪♪

楽しんでもらえるといいですね~(^▽^)
Commented by picot-m at 2012-07-09 11:43
*kazさん
こんにちは♪
そう言っていただけるとうれしいです。
近くだったら体験してもらえるのに~(笑)
本当にカンタンにできますよ。
何せ、糸をぐるぐるとピンにかけていって、横糸を通すだけですから。
端っこはボタンの中にかくれてしまいますから、気にせずがんがん織り込めばいいんです。ねっカンタンそうでしょ?出来上がったらちょっとうれしい作品になります^^
Commented by picot-m at 2012-07-09 11:53
*くりりん☆さん
こんにちは♪
ピン打ちは大学の時作品で嫌っていうほど打ちましたので、これくらいはへっちゃらなんです(笑)

おっ!くりりんさんも!おもちゃの織り機持ってましたか!私もです。
小学生の頃買ってもらったんだけど、どうしたわけかいくら探してもそれがなくって...諦めるに諦められず、ドイツの小学校で使われてるって言う織り機を買いました。簡単は仕組みですがちゃんと織れましたよ。それについてきたのもプラスチックな櫛でした(笑)
今はさすがにちゃんとした織り機を買いましたがね。
端々の処理はなれるまでやはり時間がかかりますね。私も何本も織ってやっとって感じでした(汗)
でも、このカンタン織り機だったら端っこのことも気にせず織れるし完成も十分満足できるかなと...楽しんでもらえたらいいなぁ
<< 本の出版と作品展 ホルダー >>