Amerubuについて その2

b0176405_12331610.jpg



ステキなうれしいお話いただきました!


Amerubuが円山(CafeMARUYAMASTUDIOさん)と月寒(Stationery&cafe kushukushuさん)の2カ所でできることになりました♪


それぞれの地域でそれぞれにあったAmerubu


本当にうれしいです。


詳細が決まりましたらまた、お知らせさせてください😊


[PR]
# by picot-m | 2016-12-26 12:30 | Trackback | Comments(0)

Amerubu について

1月のAmerubuお申し込み状況
b0176405_20583091.jpg
場所が変わって、状況が変わったにもかかわらず、すでに満席に近い状況になっております。
ありがとうございます。

11日 残席1
25日 残席2

となっております。
どうぞよろしくお願いします。

[PR]
# by picot-m | 2016-12-23 08:34 | Amerubu | Trackback | Comments(0)

新しい場所でのAmerubuのご案内です

明日はヒビノイロさんで行うAmerubu最後の日です!

ありがたいことに明日は満席ですので、飛び入り参加はできませんが新しい場所での日程が決まりましたので、明日以降のAmerubuはこちらをチェックしてみてくださいね!


b0176405_20583091.jpg


[日時]1月11日(水)、25日(水)13:00〜16:00
(時間内であれば出入り自由です)
[参加費]600円+1ドリンク
[定員]6名まで(予約制)定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。
空きがあれば当日参加もOKです!
基本、今までと変わらず月2、各水曜日開催となります。
[場所]CAFE MARUYAMA STUDIO

札幌市中央区南3条西24丁目2-1  1F


[注意事項] 皆さんがそれぞれお好きなものを制作いたします。

おひとりのスペースは5~60cm程度です。

火や水を使うものや音や臭いのきついものなどまわりの方の制作のご迷惑となるものはご遠慮ください。

ご不明な点はお問合せください。


参加ご希望の方は下記の1~5の項目をメールにてご連絡ください。

1、イベント名『Amerubu』・参加日

2、代表者お名前

3、参加人数

4、てづくりするものの予定(刺繍、編み物など)

[お問い合わせ・お申し込み]

post @picot-m.net

までお願い致します。

お申し込みされた方が確実かと思います。(空きがあれば当日参加もOK)






********************


改めまして新しい場所のご案内です


*CAFE MARUYAMA STUDIO*

札幌市中央区南3条西24丁目2-1  1F


地下鉄円山公園駅から徒歩5分くらい、フルーツケーキファクトリーさんの裏手辺りになります。


平日 13:00-21:00

土曜 13:00-15:30&19:00-24:00

日曜 CLOSE


マスターが感銘を受けた焙煎人の豆を使いdripした珈琲をお出しします。(紅茶もありますよ〜)


自家製デザートもありますのでよろしければそちらもどうぞ!


お店の前に1台駐車できますが1台のみとなっておりますので空きがない時はお近くのTimesにお停めください。


※店内全席禁煙。





[PR]
# by picot-m | 2016-12-20 20:40 | Amerubu | Trackback | Comments(2)

Amerubuのお知らせ

b0176405_19514342.jpg


ありがたいことに、Amerubu12月7日(あと1席)以外すべて満席になりました。
ヒビノイロさんの閉店に伴い、ここでの開催は今年いっぱいで終了ですので、この機会にご参加お待ちしております。
みんなで、わいわい楽しい時間共有しましょ〜♪お時間がありましたら是非どうぞ!

hibinoiro
〒062-0041 北海道 札幌市豊平区福住1条1丁目12-1
http://hibinoiro.net/
011-827-6405
[PR]
# by picot-m | 2016-11-10 19:37 | おまけ | Trackback | Comments(0)

作品展終了しました

終了したご報告もできず、作品展が終わってからもう1週間が経っていました。
はぁ~早い・・・(笑)
この期間、廃人のようになった身体を休めたり片づけをしたりと、ゆったりのんびりな時間を過ごしました。

それでは、報告です。
いつものように長ーいです!写真もいっぱいです!(笑)よかったら読んでやってくださいませ。

昨年中頃から準備をして1年以上をかけてきた、10周年記念の「イトノツナガリ4」が大盛況のうちに幕を閉じました。
会期中はたくさんのお客様にご来場していただき、ありがとうございました。
また、何度も足を運んで下さったりステキなお花や差し入れをたくさんいただいたりと本当にありがとうございます。

前日に作品の搬入、ディスプレイに8時間もかけがんばりました!
会期の打ち合わせで会場に訪れた時、会場に大きな木を立てたくてニーウンペツのゆみさんに相談したところ、「会場裏に沢山あるから見てみて~」と言ってくれて二人で見ていたら何やらいい感じのが奥の方に・・・
あれ、いいかも?二人でぐいーーーと引っ張り出してみたらなんとも!きれいで見事な枝っぷりの大きな木が出てきたのです。まるで、そこで待っていてくれたかのように。
そうして、搬入の時に無事セッティング完了!ドリルと大きな丸太にパッパッと鉄の棒で固定をしてくださって、もう至れり尽くせりでわたくし、会期前なのに興奮しまくりでした。

そうして、会期を迎えたのですが・・・
b0176405_17555567.jpg

b0176405_175637100.jpg

ニーウンペツの地がそうさせたのでしょうか・・・4日間不思議なことが何度もおきました。
もう10何年も会っていなかった友人たちが、次から次とそれも4日間いい具合に分けて来てくれたのです。まさにイトノツナガリから人へのツナガリでした。
高校の時の友達も沢山!まるでクラス会のように懐かしみ楽しいひと時でした。
思ってもいなかった人との出会いやツナガリがこんなにも気持ちを豊かにして優しい気持ちにしてくれるのだと改めて感じることができました。

さて、ここからはどどーーーっと写真、いきまーす!
秋を感じることができたステキなお花たちです。
b0176405_1851011.jpg

上から見た大きな刺繍絵と大きな木
b0176405_17573654.jpg

今まで作ってきたモチーフと初めて挑戦した左官で作ったテーブルにもモチーフをとじめました
b0176405_17581814.jpg

b0176405_17592138.jpg

会場をぐるりと・・・
b0176405_1804423.jpg

b0176405_1812328.jpg

b0176405_1814026.jpg

b0176405_1825080.jpg

たくさんのBnbonyarnも!
b0176405_1832674.jpg

このまあるい刺繍絵はニーウン・ペツガラス美術研究所のステンドグラスの工房で見れますよ~♪
b0176405_184553.jpg


今回の準備や制作は本当に大変で後半は何度も涙を流しました。楽しい制作のはずなのに苦しく、涙が出るほど辛いものはありません。
そんな気持ちのまま会期を迎え、たくさんの出会いと空間、そしてお褒めの言葉をいただいた時、そんな辛かったことも一瞬で吹き飛んでしまいました。
本当にありがたいことです。

作品も、新作を含め今までの作品や昔作った作品を今年のデザインに変えたりと330点ほど展示しました。沢山のお迎えも頂いて作品たちもシアワセだろうと思います。
次の作品展やイベントなども「次はいつやられるんですか?」と聞いてくださったり、「今日来て本当によかった!シアワセな気持ちになれました」「お教室もしていただきたいです」
など、うれしいお言葉をたくさんいただいました。
次の開催は当分考えることも今はまだできませんが、いいものやキレイなものを沢山見て、技術を磨き勉強していつかまた今回を超えるような作品展ができたらと思います。


今だから言えるのですが・・・
実は、今年に入ってから父が大病を患い、入退院そして大手術をしたりと一時は作品展をやめた方がいいのかも・・・とも考えました。親しい友人数人には話していたのですが、みんな「やった方がいい!」と悩んでいた私の背中を押してくれて、不安でしたが開催を決めることができたのですが・・・
先月になり病状が悪化し余命1ヶ月、もって今年いっぱいの宣告を受け「どうか会期だけは・・・」と天国にいる母に毎日お願いしていました。
幸いにも開催することはできましたが、内心ドキドキで今度は「無事に終わることができますように・・・」の言葉が毎日頭の中ぐるぐるだったのを思い出します。

最悪のことも考え、今までの状況を相談していたヒビノイロのさっちゃんに少し話すと「もし、悲しいことになっても、お店をお休みにしてでも私がみゆきさんの代わりに会場に立ちますから心配しないでください!」と言ってくれたのです。あの時は(今思い出してもだけど)本当にうれしくて泣きそうでした。
そんな風に自分の仕事を置いてでも協力してくれる友人がいてくれて私は幸せ者だなと!さっちゃん本当にありがとう!優しい言葉本当にうれしかった!

父も母もチカラをくれたんだと思います。無事に終わることができたんですから・・・。
作品展が終わった今、父が少しでも穏やかに楽しく生活ができるよう見守りたいと思います。


今回開催したニーウン・ペツガラス美術研究所さんは初めてやらせていただくところでもあり、とても緊張していたましたが、準備段階からゆみさんはじめスタッフの皆さんには本当によくして頂いき緊張もほぐれて優しい気持ちと優しい時間の中で4日間を過ごさせていただきありがとうございました。
そして、制作にたくさんのチカラを貸してくれたヒビノイロのご夫妻、ものつくりの先輩、私の周りでいつもやさしく応援してくれて元気と勇気をくれた友人たち、そして今回のアニバーサリーに合わせて作った小さな本(私のものつくりへの思いとこだわりを綴った本)に尽力を注いてくれただんなさん、ほんとうにありがとう!!!
b0176405_18222669.jpg

もう何と言ったらよいのか感謝の一言では済ませられないほど、時間が経った今でも胸いっぱいの気持ちでいます。
いつも思うことですが今回は特に、人の温かみや人のチカラを感じることができた作品展でした。
皆さま本当に本当にありがとうございました。

[PR]
# by picot-m | 2016-10-18 19:10 | イベント | Trackback | Comments(0)